素人が掴んだ浮気の証拠と探偵が掴んだ浮気の証拠の違いとは

離婚の原因はそれぞれ違いがありますが、特に多いものでは配偶者の浮気があげられます。
そして、離婚の場合は、それぞれの話し合いで合意となることも多いですが、ときには裁判に発展してしまうこともあります。

それゆえに、こうした事態に備えてやはり有利となれるよう対策をとっておく必要があります。
まず、配偶者が浮気をしていることが確かなものであっても、何の証拠もなく、ただ浮気されたから離婚したいというだけでは裁判でもまともに取り合ってもらうことはできません。

まずは、浮気の証拠となるものをしっかり取っておく必要があります。
個人で集められる証拠としては、クレジットカードの履歴、浮気相手と利用したと思われるお店やホテルの領収書、さらにメールや電話の着信履歴などがあげられます。

配偶者が浮気相手とやりとりしたであると思われるメールや、携帯電話などに残っていた浮気相手と思われる人物とのツーショット写真、ホテルのポイントカードなどは証拠となるイメージもありますが、これだけでは確かな証拠とは言えません。

浮気の証拠は肉体関係があることを事実確認しなくてはいけませんので、この程度ではシラを切られてしまう可能性もあります。

離婚の際には十分な慰謝料や養育費を獲得しなくてはいけませんから、より有利となる証拠集めが大切です。

配偶者と浮気相手がホテルに出入りしている写真などは有力な証拠となりますが、相手に気づかれずに撮影することは簡単ではありません。

まず、証拠を掴むためには根気よく張り込みや尾行を行わなくてはいけませんし、夜間などでは一般的なカメラではきれいに撮影することは難しいので、プロ用の機材も必要となります。

そして時にはホテルではなく、相手のマンションやアパートを利用する場合もありますが、そういった場合はラブホテルのように肉体関係を目的とした場所ではないこともあり、より親密な関係であることを証明する証拠も必要です。

さらに浮気相手からも慰謝料を請求したいという場合は浮気相手が誰であるかも確認しておく必要があります。

こうした証拠は個人で集めるのはかなり難しいものがありますので、裁判で有利となる浮気の証拠を獲得するなら、やはり探偵や興信所などプロに依頼することも考えてみましょう。

そして調査能力も業者によって差がありますので、できるだけ質の高い調査を行ってくれる業者を選ぶことも大切です。
依頼前にはまずは相談から始めることとなりますが、確実に証拠を取ってくれるかよく確かめておきましょう。

このページの先頭へ